阪神間のリフォーム・リノベーションでGoodHeartが選ばれる理由

  • メールでお問合わせ
  • 電話でお問合わせ
ようこそ

tel

メニュー

Q&A

 

お客様より特に多く寄せられるご質問をピックアップして紹介しています

リフォームQ&A

A1


◎リフォーム会社へ問い合わせをする前にすること
1.リフォームのイメージを思い描く
2.おおまかな予算を決める
3.ご家族のリフォームの要望をまとめる
4.リフォームの参考になりそうな情報を雑誌、カタログ、ホームページなどから集める

◎契約前の流れ
5.リフォーム会社へ問い合わせをする
6.リフォーム会社の担当者と打ち合わせをする
7.リフォーム会社よりリフォームプランが提案される
8.リフォーム会社より見積書が提出される
9.資金計画を立てる

◎契約後の流れ
10.正式な契約を結ぶ
11.設備や商品を選ぶ
12.工事に備え、家具の移動など準備をする
13.リフォーム工事が始まる
14.工事が完了する
15.アフターフォローが行われる

A2


明確な言葉の違いはありません。
一般的にリフォームは不便な部分を解消したり、
経年変化によって痛んだ部分などを修復するの意味合いが強いです。
対してリノベーションは、生活スタイルに合わせて
空間全体を変えたり、性能を新築の状態よりも向上させて、
価値を高めたりするような場合に使われる言葉です。
例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、
家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにすることなどが
「リノベーション」に該当します。

A3


実例写真をたくさん見て、気に入ったテイストを見つけましょう。
自分の好みがよくわからないという場合は、いろいろな実例写真を
リフォーム情報誌などで見てみることをオススメします。
たくさん見ることで、目が肥えてきて、自分ならこういうふうにしたいな、
というアイデアも浮かんでくるはずです。

A4


キッチンや浴室の設備交換、和室を洋室に変えたいなどの部分的な内装リフォーム、
門や玄関など外まわりのリフォームも大歓迎です。
規模の大小にかかわらずご相談ください。
基本的にリフォームはまとめてされたほうが費用的にはお得になりますが、
分割してリフォームされる場合は、将来の家族構成やその時々の各部屋の使用状況について予測を立てましょう。
まずはキッチン、次にお風呂…といった具合に場所ごとに完結すれば、効率よくリフォームができます。

A5


はい、満足いくまで対応いたします。
要望通りにいかない状態というのは、契約前の打合せ不足であることが原因です。
複雑な工事の場合でも、ご納得できるまで打合せを行うことで、
ご要望以上のリフォームを実現することができます。

リフォームにかかる費用

A6


もちろんご相談は無料です。
経験豊かな専門家が皆さまのご要望をお伺いし、アドバイスさせていただきます。
また、現地調査、プラン作成、お見積り、ショウルームなどへのご案内は、無料で承っています。
ネットで、お電話で、お気軽にご相談ください。

A7


基本的には「材料費」+「工事費」がリフォーム費用となります。
材料費とは、リフォームで使われる住宅設備(キッチンなど)、建材(ドアや床材)などの費用で、
住宅設備のレベルを上げたり、部屋を多くするとコストアップになります。
工事費とは、大工さんなどの職人さんが、工事を行う人件費などの費用で、
工事の種類が多い場合は、工事に関わる職種が増え、コストアップになります。
コストをかけられない場合は、材料費や工事費を抑えれば費用の節約になります。
キッチンの材質のグレードを下げたり、手間をかけない方法で工事をするなど、
コストを抑える方法をご提案いたします。お気軽にご相談ください。

左のボタンから住宅設備費の大まかな目安をご覧いただけます。



住宅購入時には「住宅ローン」を利用するのが一般的ですが、同様にリフォームにも
「リフォームローン」が存在します。
リフォームローンは、住宅ローンとは別に設定されていて審査基準も異なり、
住宅ローンを支払いながら併用することも可能です。

住宅購入後の改装や増築、修繕などのリフォームに適用されるのが「リフォームローン」です。
大がかりなリフォームには1,000万円以上かかる場合もあり、費用の準備は簡単ではありません。
しかし、リフォームローンを利用することで、住宅ローン同様に金利負担を抑えて
リフォーム費用を調達することができます。
弊社の不動産事業部では、中古物件を購入してリフォームを行う際は、低金利な住宅ローンに
リフォーム費用を合算するサービスも提供しています。

リフォームの期間について


工事の内容や規模によって様々なので、難しいところですが、
弊社では着工前に工期のスケジュールを提出しておりますので、ご安心ください。
部分的なリフォームでは早いものであれば半日程度で終了するものもございます。
お引渡し、ご入居の希望時期があると思いますので、お早めにご相談ください。


内容にもよりますが、今すぐでも後からでも変わらないものもあります。
新築購入でのオプションが高く感じてご相談される方もいらっしゃいます。
どんな些細なことでもお気軽に相談してください。

契約後・竣工後について


工事がスムーズに進むように、リフォームする場所の片づけは必ず済ませておきましょう。
大きな家具の移動となると、人手もいるものです。
使わないものを粗大ゴミとして処分する場合は、事前にご連絡いただければ、
個別ご対応いたしますので、ご連絡ください。
大変な作業ですから、なるべく余裕をもってやっておくと安心です。


ほこりに関しては、ビニールなどで包んで養生します。
ただ、細かいチリまで全てをシャットアウトできるかというと完璧ではありません。
精密機械や大切な物などは他の部屋に移動しておくなどの配慮は必要です。
リフォームをしないスペースなどがあれば、移動させておくことも可能ですが、
大規模な工事になる場合はトランクルームなどを借りて、家から出しておいた方が無難です。


竣工検査とは、工事完了後にリフォーム会社の担当者と一緒に工事箇所を検査することです。
もし、不具合が見つかった場合は、引き渡しまでに直してもらいます。
工事した箇所に不具合がないか、くまなくチェックしましょう。
以下は主なチェック項目です

・壁や床などは指定した色柄になっているか
・床はきしまないか
・壁紙は剥がれたり、傷付いていないか
・ドアの開閉方向は間違っていないか
・ドアの開閉はスムーズか
・スイッチのオン・オフはスムーズにできるか
・テレビや電話端子の位置は合っているか
・照明はちゃんと点くか
・お風呂の排水はきちんとできるか
・水漏れはしていないか


リフォームの仕上がりの良し悪しは実際に暮らしてみて、使ってみて初めて実感できるものですので、
アフターサービスがないとしたら不安だと思います。
弊社は地域密着型で、リフォーム工事の後が本当のお付き合いの始まりと考え、
お客様のお住まいを定期的に訪問させていただきます。
お住まいの気になる点や、ご要望などお気軽にお申しつけていただければ、
きめ細やかな視点で最適な対応をさせていただきます。

中古リフォームについて


中古リフォームとは、新築よりも安い中古物件を購入し、リフォームを行うことであり、
新築以下の価格で新築以上の空間にすることも可能です。
新築物件の場合は、規格化された住宅にライフスタイルを合わせるしかありませんが、
中古リフォームの場合は、希望するライフスタイルに合わせて自由に設計することができます。
こだわり住宅を、新築よりも割安で造ることができる賢い住宅選びの方法であると言えます。


まず、大きなメリットとして新築に比べて価格が安いことが挙げられます。
また、中古住宅は建物をしっかりと確認することが可能です。
新築は実際の建物が完成する前に購入することが多いので、
現物を見れないことが多いのですが、中古住宅の場合は現物をじっくりと見て購入することが出来ます。
そしてリフォームをすることで、新築同然にすることが出来、自分のライフスタイルに合わせて
自由に設計できるといったメリットもあります。

デメリットは、中古住宅の状態によっては逆に高くなってしまう可能性があることです。
建物の土台にひび割れや腐食などがあり、その改善費用等で、
新築を購入するよりも高く付いてしまうこともあり得ます。
中古住宅を購入する際には築年数やひび割れや腐食はないか、
雨漏りはしないかなど、目に見えにくい部分もチェックする必要があります。


築年数は、20年から30年前後を目安にお考え頂ければ良いかと思います。
中古物件の探し方ですが、理想のお住まいをイメージしてみましょう。
イメージが出来ましたら、それらを実現することが可能かどうかを確認しましょう。
築年数・建物構造等の問題から物件によっては実現できるものとできないものが存在します。
中古物件を購入してから実現することが出来ないと分かったのでは元も子もありません。
必ず購入前に理想をイメージし、実現可能かどうか確認するようにしましょう。


土地・中古物件の不動産探しから、新築・リフォームのお引き渡しまでには
様々なプロセスがあります。
弊社では不動産業も行っておりますので、一つの窓口で物件探しから
リノベーション工事、さらには資金計画やローン申し込みまで一貫した
サービスが行えるので、お客様のご要望を最大限に取り入れながら
安心して住まいづくりを進めていただけます。

その他


弊社では、不要な営業活動は一切行いませんのでご安心下さいませ。
会社により差はありますが、良心的な会社であれば頻繁に電話したり、
直接訪問したりすることはあまりないと言えます。
リフォームの場合は、個々の住まいの状況を実際に見て確認しないと
正確な金額が出ないケースが多いですし、いい提案やプランもできません。
見積り後に断っても構わないのですから、積極的に御相談なさってください。


現在の住まいへの不満を書いてチェックシートをつくるのをおすすめします。
漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。
また、リフォーム雑誌や本・インターネットなどで情報を収集して、イメージを伝えやすい
写真などがあれば切りとったり、プリントアウトするなどして打合せに活用してください。
住宅設備機器などの取替の場合は、ショールームに行って実際の使い勝手や、
寸法をチェックするのも失敗しない為のポイントです。

TOPへ戻る